フレームの種類

プラスチック製のセルフレーム

プラスチック製のメガネのフレームのことをセルフレームと言います。以前はセルロイドが多く使われていたことがその名の由来ですが、現在ではプラスチック製フレームの大半がアセテートで作られています。アセテートはセルロースを原料とする素材で、加工がしやすい上に安価なのがメリットです。小ロットでの生産が可能であり、装飾品もつけやすいためデザインやカラーのバリエーションが豊富なのもアセテートのフレームの特徴です。一方でセルロイドには衝撃に強く曲がりにくいため、細いフレームが作りやすいというメリットが存在します。また、独特のツヤが出ることから、アセテートが主流となった今でもセルロイドのフレームを愛好する人もいます。

金属製のメタルフレーム

金属製のメガネのフレームをメタルフレームと言いますが、中でも多く使われているのがチタンです。チタンは軽量で、錆びにくいので汗にも強いというメガネのフレームに適した素材です。金属アレルギーのリスクが低いのもチタンの特徴ですが、絶対にアレルギーが起きないというわけではないため気になる方は事前にパッチテストをするといいでしょう。チタンにバナジウムとアルミニウムを混ぜたβチタンという合金も存在し、弾力性に優れています。金やプラチナといった貴金属を使ったフレームもあり、高級感があるのみならずやわらかく掛け心地が良いのがメリットです。一方、他の金属よりも重いのも金の特徴です。その他に、耐食性の高いステンレスや軽いアルミニウムが使われることもあります。

もっとはっきりと世界を見てみたい...視力の悪い人のそんな悩みを解決してくれるのが眼鏡です。ぼやぼやした世界がクリアになります。きっと一気に世界が変わるでしょう。